夜行バスを選ぶ時の注意点

夜行バスとは夕方から深夜にかけて出発し、夜間高速道路を走行して、翌朝目的地に到着するバスです。



出発地が首都圏の場合、本州、四国、九州など多くのエリアに向けて夜行バスが走行しており、便利に利用できます。



鉄道や航空機の利用に比べて時間が掛かりますが、価格の安さで高い人気を集めています。
一般的に目的地の到着が朝早い時間なので、着後1日を目いっぱい有効に使えるため、ビジネスや観光にも便利です。

早朝から予定がある時はホテルなどで前泊をしなくて済むので、より経済的です。
便利で手軽な夜行バスですが、選ぶ際には注意が必要です。



夜行バスには様々な種類があり、快適度は価格に比例しています。価格優先で選ぶと座面の幅や座席の前後の間隔が狭く、ゆっくり足を伸ばす事ができません。

2人並びの席なので1人で乗車する場合、知らない人と相席になり、イビキなどで眠れなくなる可能性があります。



また、多額の現金や貴重品を持っている場合には防犯上の心配があります。

トイレが付いていないので、バスは途中でサービスエリアに立ち寄ります。



その際、車内灯が点灯し、多くの乗客が降車するため、目が覚めてしまいます。

車中で眠れないまま長い時間を過ごすと、疲れやストレスが溜まり、到着後の活動に支障が出る可能性もあります。



このためゆっくり眠りたい時は、割高の独立席やトイレ付バスを選んだ方が賢明です。

また、夜行バスは渋滞に巻き込まれると予定通りに到着できない可能性があります。



大幅な遅延となっても払い戻しがなく、深夜の到着でも車内で夜を明かす事は出来ず、すぐに降車させられます。



関連リンク

夜行バスの車内にはどんな設備があるのか

夜行バスは、通常の路線バスに乗車するときとは比べ物にならないほど長い時間車内で過ごすことになります。そのため、夜行バスの車内には快適に過ごせるように様々な設備がついています。...

more

夜行バスを選ぶ時の注意点

夜行バスとは夕方から深夜にかけて出発し、夜間高速道路を走行して、翌朝目的地に到着するバスです。出発地が首都圏の場合、本州、四国、九州など多くのエリアに向けて夜行バスが走行しており、便利に利用できます。...

more