弁護士事務所の業務に特化した電話代行サービス

電話代行とは、相手方からかかってきた電話にオペレータが対応し、用件をメール等で報告するサービスです。

弁護士などが開業すると、依頼主との打ち合わせや役所へ出かける用事など、事務所を空けることも多くなります。

そこで代わりに電話を受ける人が必要です。また近年では法律事務所も顧客サービスが重視されるようになり、電話に出る人の対応次第で、相手方に与える印象は大きく変わることになります。



専門の電話代行サービスを頼めば、直接事務員を雇うよりも少ない負担で、安心して電話対応を任せることができます。


しかし弁護士事務所の仕事は、普通のオフィスとは少し違います。
通常のオフィスよりもさらに、正確さや機密保持が求められます。

また、裁判所や警察署等から連絡が来ますが、これも一般にはなかなか馴染みのないものです。

電話の内容も専門的な法律用語が飛び交いうものです。



通常の電話代行サービスに頼んだものの、このような事情に十分に対応できず、用件も正確に聞き取れないということになっては困ってしまいます。そのような場合に、弁護士を中心とした士業専門の電話代行サービスが存在します。弁護士専門の代行サービスならば、法律事務所の業務や法律用語のこともよくわかっていて、弁護士会からの国選弁護人の依頼や、裁判所からの公判期日日程の調整などの、専門的な用件を正確に対応することができます。また、悩みや不安を抱える依頼人の方に、丁寧親切に対応して良いイメージを持ってもらうことができます。

このように電話対応を頼もしいスタッフに任せれば、本来の仕事に心置きなく集中することができるでしょう。